まぶたのたるみの原因は盛りまつげだった

目を大きく美しくみせてくれるアイテムとして、最近人気があるといえばつけまつげです。接着剤でつけるだけで簡単に盛りまつげを実現してくれるこのアイテムを、すでに手放せなくなっている方も多いはずです。しかしそれを使い続けることによって、もしかしたら将来まぶたに深い後遺症を残してしまう可能性がある事はあまり知られていません。
実はこのつけまつげを常用することによって、まぶたに負荷がかかり目元にたるみが出る現象が起きます。本来そこには自前のまつげしかないはずが、さらにつけまつげとマスカラの重みが加わることになるのですから、たるみが出るのも当然の結果であるといっていいでしょう。
ご存じの方もいるでしょうが、目元周辺の皮膚というのはとても薄く出来ていてデリケートです。そこにありえない重みが加われば当然たるみにもつながりますし、時間が経過すればそのたるみにシワが加わって、よりまぶたが腫れぼったい印象になってしまいます。
なかにはまぶたが鍛えられて、瞳にいい効果があると勘違いをしている方もいるようですが、そういった事実はないということを覚えておいたほうがいいでしょう。盛りまつげで一時的に綺麗になれるのは確かに魅力的ですが、その後に待っている現実のことを考えておくことも必要です。

コメントを受け付けておりません。