日本人のまつげ、平均的な長さはどのくらい?

ダイニング02まつげの長さやボリュームによって、顔の印象は変わってきます。そのためマスカラを塗ったり、ビューラーでカールをつけたり、つけまつげでボリューム感を出したりと様々なアイメイクを施しますが、実はもともと日本人は外国人と比べてまつげが短いとされています。
日本人のまつげの平均値は約6.8mmとされています。それに対し外国人は約8.1mmで1mm以上も差があります。カールの角度やまつげが生える本数にも差がありますが、まつげの成長速度にまで違いがあります。外国人のまつげの成長速度は日本人の2倍はあり、まつげの本数も多いため成長期間が長いとされています。
外国人のようなまつげを手に入れることはできなくても日頃のケアによって、まつげを育てることはできます。簡単にできる方法としてまつげ美容液を使用することです。育毛成分が含まれているため、まつげの成長を支援してくれます。その他には目の周りをマッサージして血行を良くしたり、育毛に良いとされている良質なタンパク質や発毛を促す海藻類を食事に取り入れると良いでしょう。また、夜更かしはまつげのみならず健康と美容にあまりよくありません。良質な睡眠がとれるように日常生活を改善することも大切です。さらにアイメイクはまつげにダメージを与える原因でもあります。健康なまつげを手に入れるためにもまつげにとっての休息日を設けてあげましょう。

コメントを受け付けておりません。